-->

BUMP

昨シーズンの映像だけど、パウダーモーグルをしてみました。

FTブーツは前傾角が入っていて、コブが非常に滑りやすい。

モーグル選手もFTブーツを使用している人がたくさんいますね。

この時はいい雪だったのを覚えていますね~。

昔モーグルやっていたので、コブを見るとつい滑りたくなってしまいます!!

パウダーモーグル、なかなかおもしろいですよ。

来シーズン、ぜひ試してみてくださいね~。

展示会シーズン

あっという間に6月。

スキーが好きな方は、雪を求めてまだ滑っているという方もいるかもしれませんね。

まだ滑っている方も、シーズンアウトして来シーズンの計画を立てている方も、ニューモデル商品は気になりますよね。

6月に入ると各地で展示会のニュースが聞こえてきます。全国をラウンドするICIカスタムフェアもスタートしています。

札幌会場が終了し、今週14日(木)~17日(日)までは東京有明会場にて開催されます。

ブーツを試し履きできる機会はなかなか少ないので、この機会にぜひ履いてみてください。

FTは3つのシェルから選ぶ事ができます。インナーの成形もできるので、きっとご自身にあったブーツが見つかるはずです。ぜひ、チェックしてください。

春も大活躍してます

以前のBlogで、オールラウンドブーツという題で書かせてもらいましたが、ニューモデルのAscendantは、この時期にも大活躍しています。

春からシーズン終わりのこの時期は、雪があるのに気温は非常に上がる日が多くあります。そんな日は汗を大量にかきますし、日差しも厳しい。ハイク時は、体力を温存しながらも、できるだけ早くスタート地点までたどりつきたいものです。

この時期、自分はこのウォークモードとタングを外して歩ける事がかかなり助かっています。普通の靴を履いているかのように足首が曲がります。足の筋肉の負担が少なく感じています。

滑りたい斜面にいくまでに、体力が尽きては話になりませんね。今シーズン、このブーツを使用して登りがだいぶ楽になりました。範囲も広がったと思います。滑りを重視している自分にとってはうれしい限りです。

これから展示会シーズンがスタートします。ニューモデルブーツをぜひお手にとって見てみてくださいね。

石コロ攻撃

とある春のバックカントリーでの出来事。

トップはいい感じのコーンスノー。ボトムから登った斜面ではなかったから、下の雪の状況はどうなっているか分からなかった。

しかしここは、はじめてきた場所ではない。自分はいつも通り滑りおりる。

中腹からボトムにさしかかった時、「ガリッ」と鳴ってしまった。

あ~、やってしまったと思う時間もなく、ボトムには数えきれないほどの石コロ。かなりのスピードを出しているし、進むしかなかった。板にごめんなさいと思いながら、避けきれず、、、。

よく考えれば、春時期はありえる事。

写真は、そんな斜面を見上げているところです。。。

でも、滑りは気持ち良かったからOK!!

ブラボースキー

まだ滑っているという方もいると思いますが、2019年ブラボースキーvol.1が発売となりました。これを楽しみにしているスキーヤーの方も多いのではないでしょうか。1718シーズンのニュースや、1819ニューモデル情報が満載です。

FTブーツニューモデルのAscendantはもちろん、他モデルもたくさん載っています。ソールの形状、フレックス、ウエイトなども詳しく書いてあるので、ぜひ見てみてくださいね。

スキースタイルに合わせ、ブーツモデルをチョイスする事ができます。各パーツもあるので、もしもの時も安心。パーツなどは各取り扱い店へ問い合わせしてみてください。

来シーズンにむけて。マテリアル選びの時間も楽しいものです。後、半年後にはシーズンスタートですよ~!!

オールラウンドブーツ

ブーツのオールラウンドって何!?

と思った方がいると思いますが、自分の中でのオールラウンドブーツはこうです。

ゲレンデ、パウダー、パーク、バックカントリー、どれをとっても1つのブーツでこなせる事。

最近は歩きやすさを求めて、様々な機能のついたブーツがたくさんありますね。しかし、滑りを重視していてしっかり踏み込んでいく方だったり、ジャンプなどのパークライドをする方には、強度的に不向きなブーツがあります。

FTニューモデルのAscendantブーツ。

テック対応で、ウォークモード搭載。一見、バックカントリー専用かと思いますがそうではありません。いままでのFTEシェルブーツの滑走性能を保ったまま、進化しています。実際に自分は、パークライドも、ゲレンデのアイスバーンも、バックカントリーも、すべてこのブーツを使用しています。パークでガンガン飛んでもまったく問題ありません。

まさにオールマウンテンスキーヤーには最適なブーツですね。

まだまだ雪あるんです

色んな方にまだ滑ってるのと言われますが、まだ滑ってます。

この時期は月山&鳥海山。

月山はリフトでバンバン滑れるし、鳥海山はなんといっても景色が最高です。

今回の鳥海トリップは、まだ滑った事のない斜面に行ってみようの巻。

シールとツボ足でまだ行った事のない場所まで冒険です。

何回か同じ山に行くとあそこの斜面も良さそうだとか、あそこにも行ってみたいなとか、いろいろ思うようになってきます。

知らない場所に行くのはワクワクします。対面からだと急に見えていても、行ってみたら案外斜度がなかったりした事も。行ってみないと分からない事がたくさん。今回もこれで、また自分の足の踏み入れたエリアが広くなりました。まだまだ行ってみたい場所がたくさん。1718シーズンはもう少し続きます。

走る春雪

春の雪のコンディションは様々。

ストップ雪が途中にあったりするので、1発目のドロップは特に注意してます。

でも日によっては、とても走る雪面の日もあります。そんな時は思いっきりエッジングしていける。

そんな日は、春のターンも気持ちいい。

逆戻り

ゴールデンウィークが終りましたが、まだまだ滑ります。

はい、月山スキー場です。これからは月山でまだまだ滑りますよ~。

そしてなんと、、、昨日今日と雪が降ってます。

昨日は、お昼頃まで雪が降ってました。その後曇りだったのですが、今日も降っているとの事です。5月にしてフレッシュSNOW。さすが月山。

今年の雪庇。毎年月山行ってますが、いままでこんな形のは見た事がないような気がします。近くに行くとかなり大きいです。

まだまだ雪ありますね。現在コブ少なめ。フラットもあるので、大きいターンもできます。こんな近い山に雪がたくさんあって幸せですw

 

ロングルートには

今シーズン、このブーツに非常に助けられてます。

ウォークモードがあるのは非常にうれしい。そして、ウォークモード搭載なのに、滑っている感じも以前のブーツとなんら変わらずに調子が良い。自分はどんなフィールドでも、このブーツ。パークもゲレンデもBCも。

BCで長い時間のハイク時には、タングも外せる。

タングを外してハイクすると、足まわりの筋肉が楽です。タングを装着するのも非常に簡単。

これで、滑るときまでパワーを温存できると思うと、うれしくてたまりません。

まだまだ春の月山、鳥海山で活躍しますっ!!